ディーラーに任せてしまう方法

ディーラーは損害保険の代理店もしている

自動車保険の加入方法は多岐にわたっていますが、保険会社の選択方法がよくわからない場合、車を購入したディーラーに任せるという方法があります。実は自動車ディーラーでは損害保険の代理店をやっている場合があるからです。
自動車ディーラーが損害保険の代理店をやっていることを知らない人も少なくありません。不安に思う人も多いでしょう。しかし、実際の契約は保険会社と行うことになるため、信頼できる保険会社との契約であれば問題ないでしょう。
ただ、ディーラーごとに独自の保険プランを提案しているところも多く、内容を精査した上で加入を検討してください。ディーラーが販売している車で加入をすることによって、手厚い補償のある保険に加入できるチャンスにつながります。

ディーラーで保険加入するメリット・デメリット

ディーラーで保険に加入するメリットとしては、自動車のことだけではなく、車に関するありとあらゆる点で相談できることとなります。保険料や車の車検など複数の分野でわからないことを解決できるため、時間を効率よく使って車や保険について聞けるでしょう。自動車のプロである以上、車の修理で保険の使用可否についても言及してくれるため、初心者にはありがたいパートナーとなります。 また、事故の時に保険を使うかどうかについても、誠実に対応してくれることが多いです。代車やレッカーなどに至るまで手厚くサポートしてもらえるため、事故に遭った時の心細さからも開放されやすいでしょう。 ただしディーラーでの契約の場合、信頼できる担当者が転勤してしまう可能性が高いです。次に来た人との相性がよいかどうか、話してみてから保険の継続や契約を考えてください。